皆さんは「潜在意識」という言葉をご存じですか?

最近よく聞くキーワードですね。

ご存じない方もいらっしゃると思いますので
潜在意識とは何かを、その対になる顕在意識とともに簡単に紹介しておきます。

すべての人間には2つの意識があると言われています。
ひとつは「顕在意識(表面意識)」と言い、もうひとつが「潜在意識(無意識)」です。

顕在意識(表面意識)とは、
私達が普段の生活で意識して使っている意識のことで
例えば論理的な思考・理性・知性・意思・決断力を指します。
決意したり判断したり選択する心の領域でもあり、望ましいこと望ましくないことを
識別する能力を持っており、また悩んだり不安になったりという願望を持ったりします。

一方、潜在意識(無意識)とは、
私達が普段意識することのできない意識のことで、毎日の生活の中で読んだこと
聴いたこと、観察したこと、受けた印象、考えたことが貯蔵されています。
また、私たちが普段意識していない体のさまざまな活動(心臓を動かしたり、呼吸をしたり)も
潜在意識の働きによるものです。

「人間の脳は、そのほとんどが機能していない」ということを聞かれたことがあると思いますが
(諸説ありますが)人間の脳の普段機能している3%の部分が「顕在意識」
そしてその残りの97%の普段機能していない部分が「潜在意識」と言われています。

私たちは、自分の外側で何らかの出来事が起きると潜在意識の中にある過去の記憶を瞬時に検索し
一緒に保存されている感情を伴って、その後の行動を無意識のうちに決めてしまいます。

人間の行動の約90%は、この潜在意識に支配されていると言われています。

よって、この潜在意識を有効に活用することが出来れば自分自身を大きく成長させ
望むステージに立って、究極の理想の自分(ありたい自分)になることができます。

そんな潜在意識を有効に活用するためには潜在意識の5つの特徴を理解しておく必要があります。

特徴1:潜在意識には不可能はない
潜在意識は、どんな夢や目標もかなえてくれる無限のエネルギーを持っています。
自分を成長させよう、そのために学ぼうという気持ちを持ち続ければ
その無限のエネルギーは永遠に投入されます。

特徴2:潜在意識は無限の貯蔵庫
潜在意識は、知識、情報を無限に蓄積できる貯蔵庫です。
潜在意識を活用するためには、学び(インプット)が必須ですが
たくさんの知識や情報を詰め込んでも、体系化したり、整理したりする必要はありません。

特徴3:潜在意識は判別できない
潜在意識は、どんな情報でも受け入れることができます。
が、潜在意識は、良い情報と悪い情報を判別することができません。
また、潜在意識は“イメージ“と“現実“との判別もできません。

特徴4:潜在意識は否定形を理解できない
潜在意識は、否定形を肯定形としてして理解します。
「ピンク色の象を想像しないでください」と言われたら
頭の中では、まずピンク色の象を想像してしまいます。

特徴5:潜在意識は自分と他人を区別しない
潜在意識は、主語が理解できないので自分が発した言葉全てを自分のこととして捉えてしまいます。
なので人の悪口を言うと、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になり
反対に相手を褒めれば、自分が褒められたのと同じ状態になります。